壁と窓とドアと

壁や天井を板張りにするとおしゃれ!我が家の板張りあれこれ

我が家の壁の中でも一番お気に入りの板張りの壁のお話です^^

スポンサーリンク

壁の一面を男前な板張りに

↑完成前の写真です^^;

 

我が家は男前な雰囲気を意識して家づくりをしました。

男前なイメージといえば・・・

  • ヴィンテージ
  • アイアン
  • シャビーなブリキ
  • 配管、パイプ
  • 古材
  • 植物だったら多肉
  • DIY!塗装といえばワトコオイル、ブライワックス
  • ステンシル
  • バスロールサイン

意識してちょこちょこ取り入れましたが、壁は一番冒険でした!

インテリアのカタログに出てくる壁や、近所のオシャレな店の板張りの壁を見て、

「絶対我が家にも板張り取り入れて男前にしたーい!!」

叫び続け←その願いが叶いキッチン後ろの壁を板張りにしてもらえました!!

 

正面一面なのでインパクト抜群です^^

足場板を加工してもらって、棟梁が一枚一枚貼ってくれた我が家の板張りの壁!

これがまた完璧な配列で、めちゃめちゃかっこいい♡

こんな所も抜かりなく!

暖房はエアコンだったので乾燥のせいで収縮し板と板の間に隙間ができました(;’∀’)バッキバキ

無垢の床も冬の暖房で隙間が出来たりしてますが、この板は割れまくりー!!

ちなみに無垢の床にすき間ができた記事はコチラ↓

無垢の調湿効果についても書いてます^^

 

玄関や洗面所、二階の天井も板張りに?

二階の天井はヘリンボーンです^^吹き抜けがあるので一階からも見えます^^

ヘリンボーンの板張りをTVボードの後ろなどにするのもオシャレですよね!!

 

玄関の天井は、二階(ヘリンボーン)の余った木材を貼ってくれました^^

色も貼り方も違うので同じ木に見えません( *´艸`)

 

洗面所とランドリールームの天井です。檜を無塗装のままです^^

湿気の多い場所の板張りは、調湿効果が期待できるのでおすすめです!!

 

まとめ

足場板の板張りってどうなるかな〜とドキドキしてましたが、実際出来上がったのを見るとほんと素敵でした!!

我が家の足場板はダメージたっぷりですが、きれいな木材で板張りにすればモダンな仕上がりになりますし、色も濃い目にすればシックな雰囲気になります^^縦張りにするとまたイメージが変わります^^

どんなテイストにも似合うと思います^^

板張りはかなりインパクトがあっておすすめです!!

スポンサーリンク

関連記事

  1. 壁と窓とドアと

    シンプルな壁紙ならアクセントクロスをおすすめ!控えめでおしゃれに見える?

    前回の珪藻土の塗り壁のメリットとデメリット壁紙(クロス…

  2. インテリアのこと

    ニトリの既製品カーテンでイージーオーダー!金額と注意点とは?

    我が家の二階のカーテンはニトリで買いました^^既製品のサイズが…

  3. お手入れや掃除と設定のこと

    新築の窓は結露させない!窓の選び方と住んでから出来る結露対策とは

    今回は窓の結露についてです!!以前10年住んでたマンションは気…

  4. 壁と窓とドアと

    新築のニッチはいつ決める?おしゃれな飾り棚や便利な収納としても使える?

    今回はニッチ=飾り棚についてです^^ニッチは決して必要なもので…

  5. 壁と窓とドアと

    室内ドアは既製品?造作建具?色は内装に合わせるべき?

    今日は建具(たてぐ)のお話です。建具とは、住宅の開口部に取り付…

  6. 壁と窓とドアと

    クローゼットの扉は必要?折れ戸も引き戸もつけずにオープン収納!

    今回はクローゼットの扉についてです^^”クローゼットに扉ついて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ブログランキングに参加中です!

ぽちッとしていただけるとすごく嬉しいです!!

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

 


マイホームランキング

  1. 間取り

    新築見学会やオープンハウスにいくなら建坪ではなく延べ床面積をチェック?
  2. 天井と床

    無垢の床材に迷ったらオークをおすすめしたい理由とは!?
  3. キッチン

    日立IHコンロを簡単お掃除!普段のお手入れと焦げ付いた時の落とし方
  4. インテリアのこと

    エジソンバルブはおしゃれな電球!LEDより白熱球がおすすめ?
  5. お手入れや掃除と設定のこと

    ウッドデッキをDIYで塗装してみる?初めてでも簡単!おすすめの塗料と塗り方とは
PAGE TOP