トイレとお風呂と水回り

お風呂の床を簡単にオキシ漬け!それでも残る白い汚れを落とす方法とは?

スポンサーリンク

我が家のお風呂は、リクシルのアライズです。

お風呂選びはいかに掃除を楽にするか!何なら掃除なんてしたくない(あ、こころの声が)

お風呂はリクシルのアライズがおすすめ!掃除のしやすさにこだわったオプションとは

とことーんシンプルにしたお風呂なんですが、

やはり水回りの汚れの蓄積の速さは只者ではない・・・

特に!!

我が家のお風呂掃除の中で一番手を焼いてる床。

気が付けば白い(石鹸カスなど)模様が出来てて、一度姿を現すと広がり方が半端ない・・・

あっという間に、侵食して「あれ?うちの床ってマーブル模様やった?」と錯覚するほど。

元の色グレーを取り戻すべく、いろんな方法を試して一番楽チンな方法を紹介していきたいと思います。

そもそもお風呂の床ってなんでこんなに汚れるの?

リクシルのお風呂”アライズ”の床は、

キレイサーモフロア・・・スポンジでお掃除ラクラク。寒い冬場でも、冷ヤッとしない(HPより)

正直、初日からうそーん!!と思ってましたよ。

だって冷たいもん!冷ヤッとするもん!お風呂入る前に浴槽洗う時かかとで歩くもん!

水はけや滑りにくい形状はいいのですが、そのせいで汚れが付きやすい!!

リクシルだけでなく、TOTOのほっカラリ床も、Panasonicのスミピカフロアも、トクラスのうつくしフロアも

同じなのではないでしょうか?

滑らない様表面がザラッとしてるので汚れが溜まりやすい・・・

もう浴槽の人造大理石くらいつるんつるんだったら掃除楽なんでしょうね・・・滑って危険でしょうけど!

床の汚れには種類がある?
スポンサーリンク

床につく汚れは、

石鹸カス

皮脂汚れ

黒ずみ

水垢

赤カビ

カルキ汚れ

いろんなものが混ざりに混ざってます!

バスマジックリンで手に負えなくなって、何で掃除したらいいのか悩みました。

汚れは中性やら酸性やらアルカリ性やら・・・それぞれの汚れに合ったもの、

酸性の汚れはアルカリ性の洗剤、アルカリ性の汚れは酸性の洗剤を使うといいのですが、

あ~メンドクサイ(またこころの声が)

ゴシゴシするの大変なので、ほっとくだけで楽チンそうなオキシ漬けやってみました!!

お風呂の床をオキシ漬け!そのやり方とは?

↑※ほんとはもっともっともーーーーっとヤバいんですが、自粛しております。

用意するのもの

  • スーパーの袋(薄いビニールはやぶれるので厚めのものを)
  • オキシクリーン
  • ブラシ

手順(やり方)

  1. スーパーの袋に水を入れる(排水溝の栓にするため。ちなみに今回1.5L ほどの水を入れました)
  2. 給湯器の温度設定を60度MAX)にしてお湯を出す
  3. 熱いシャワーで床を温める(冬の冷たすぎる床の温度を上げる)※オキシクリーンは40~60度のお湯に溶かすと効果があるため
  4. 床もホカホカしてきたら一度お湯を止めて、床にオキシクリーンをスプーン一杯まいて、ブラシでごしごしする
  5. 水袋で栓をして60度のお湯を溜める
  6. 1時間ほど放置して、栓を外しブラシで汚れのひどい箇所をごしごししながら流す
  7. お湯できれいに流して終了!!

チェックポイント!!

※先に、排水溝のヘアキャッチャーを外してポンと乗っかるか確認してみてください。

せっかくのオキシ漬け、栓がちゃんとされてないとガッカリな結果になります・・・

形状にもよるのかもしれませんがラップやビニール袋ではうまく栓出来なかったので、スーパーの袋はおすすめです!

オキシクリーンでごしごしは効きます!広範囲だと腕やられます・・・

※栓をすると一気に溜まっていく(想像より早い)ので、お風呂の外に溢れないが少しドキドキします(笑)

界面活性剤入りのコストコのオキシクリーンは泡がでるので、それだけできれいになった気になれます

まだ汚れが残ってる・・・そんな時は!!

お風呂の床の汚れは濡れてるときは分かりにくいんですよね、乾くと目立つんです!

オキシ漬けで完璧かと思いきや・・・

乾いや床をみてビビる、白いの残ってる。。。

なんて頑固なんだ・・・

ピカッと輝くシートで残った汚れもなかったことに・・・

じゃーん!!

ズボラ主婦の味方!ピカッと輝くシート!!

どんだけ頼りになるのかは、↓こちらの記事をどうぞ!↓

頑固な水垢を落とす方法とは?サボりまくったトイレの手洗いを掃除!

すっかりお世話になっております。

このシートでごしごーしします!!

床の表面がザラザラしてるので、シートはすぐボロボロになってしましまいます。

なんとか・・・そこをなんとか一枚で・・・(ケチって)端っこまで使ってごしごし・・・

すると!

ピカピカになりました!!!!!!リセット完了!!

まとめ

今回は、記事にするためにとことん汚れをため込みました!

いくら掃除嫌いでも普段はここまで放置しませんから!!

ちゃんと掃除やってますからーーー!!(しつこい)

お風呂の床は、掃除していても少しづつ少しづつ汚れが溜まってしまいます。

この汚れはマジックリンのような中性洗剤ではきれいになりません。

そしてかなり広範囲になると、ごしごしするのはすごく大変です。

オキシクリーンで”オキシ漬け”は放置する時間こそかかりますが、力は全くいらないので楽チンな掃除法です!!

やり方さえマスターすれば、とても簡単です。

今回は汚れを溜めすぎた・・・

床の汚れは濡れてしまうとわかりにくくなるので、いまいちきれいになったかわりにくいんです。

乾いてから気づくような落とし残しの汚れは、ピカッと輝くシートでなかったことに!

 

お風呂がキレイだととても気持ちがいいですよね!!

是非、広範囲の汚れにはオキシ漬け!!簡単なので試してみてくださいね!!

スポンサーリンク

関連記事

  1. トイレとお風呂と水回り

    新築にランドリールームは必要?おすすめの間取りと作り方は?

    今回は、家を建てるに時に絶対欲しかったランドリールームについて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ブログランキングに参加中です!

ぽちッとしていただけると嬉しいです!!

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

 


マイホームランキング

  1. トイレとお風呂と水回り

    タンク付きトイレは組み合わせタイプがおすすめ!一体型との違いとは?
  2. お手入れや掃除と設定のこと

    ウッドデッキをDIYで塗装してみる?初めてでも簡単!おすすめの塗料と塗り方とは
  3. 間取り

    冷蔵庫の位置はキッチン手前?奥?間取りを決める時に注意すること
  4. キッチン

    クリナップのステンレスシンクの使い心地は?おすすめの水栓器具とは
  5. 天井と床

    梁見せ天井のメリットやデメリットとは?知っておきたい4つのこと
PAGE TOP